UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49832

タイトル: 研究解説 : 景観シミュレーションに用いる消散係数の推定法に関する一考察
その他のタイトル: Estimation of Extinction Coefficient
著者: 青島, 正和
村井, 俊治
著者(別言語): AOSHIMA, Masakazu
MURAI, Shunji
発行日: 1993年11月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 45(11), 1993.11.1, pp. 795-801
抄録: 近年発達の著しい景観シミュレーションであるが,今までは主に晴天時を対象としてきた.しかしながら実際の景観は雨や雪などの気象条件により種々変化し,また気象条件を考慮した景観が必要なケースも多い.本解説は各種の気象条件を考慮した景観シミュレーションをするにあたって,景観の再現に必要な各種天候時の消散係数を,物理現象に忠実にかつ一般的な気象要素を用いて容易に求められるよう考察してまとめたものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/49832
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk045011006.pdf572.33 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください