UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49837

タイトル: 特集3 : 研究解説 : ガラス・セラミックスの複合焼結およびガラスの結晶化による基板材料
その他のタイトル: Ceramics-Glass Composite Substrates Prepared by Co-sintering Process and Crystallization of Glasses
著者: 安井, 至
柳, 奉奇
著者(別言語): YASUI, Itaru
RYU, Bongi
発行日: 1993年12月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 45(12), 1993.12.1, pp. 821-827
抄録: 導電性ペーストを印刷して低温で焼結が可能なセラミックス系基板材料は,コンピュータ用の次世代実装基板として注目されている.この研究分野は,現在はごく限られた数の研究者がいるにすぎないが,今後拡大すべき分野であると思われる.今後の材料の選択の幅を広げることを目的として,さまざまな観点から研究を行って来たので,その概要を述べて見たい.
内容記述: 小特集 先端素材開発研究センター
URI: http://hdl.handle.net/2261/49837
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk045012003.pdf658.85 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください