UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
38 ドイツ語ドイツ文学 >
1143810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49872

タイトル: ゲオルク・トラークルの散文詩の位置(2) : 散文詩『啓示と没落』と戯曲断片『小作人の小屋で...』草稿の比較分析
その他のタイトル: Zur Bedeutung des Prosagedichts bei Georg Trakl (2) : Eine vergleichende Analyse der Entwürfe zweier gattungsverschiedener Texte : des Prosagedichts Offenbarung und Untergang und des Dramenfragments In der Hütte des Pächters...
著者: 日名, 淳裕
著者(別言語): Hina, Atsuhiro
キーワード: ゲオルク・トラークル
ブレンナー・クライス
ゲオルク・ビュヒナー
第一次世界大戦
表現主義
詩的自我
音韻性
散文詩
発行日: 2011年3月
出版者: 東京大学大学院ドイツ語ドイツ文学研究会
掲載誌情報: 『詩・言語』. 第74号, 2011年3月, pp. 17-33
抄録: (ドイツ語要約あり)
URI: http://hdl.handle.net/2261/49872
ISSN: 09120041
出現カテゴリ:1143810 学術雑誌論文
019 文学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Si_gengo_74_2.pdf247 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください