UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49950

タイトル: 研究解説 : プラズマ溶解法によるチタン酸化物の溶融還元
その他のタイトル: Reduction of titanium oxide by Plasma arc remelting
著者: 池田, 貴
前田, 正史
著者(別言語): IKEDA, Takashi
MAEDA, Masafumi
発行日: 1994年6月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 46(6), 1994.6, pp. 306-312
抄録: 塩化蒸留を経ないチタンの新しい製造法として,TiO2のAl還元実験を試みた.機械的性質に悪影響を及ぼす酸素の混入を極力防ぐために,雰囲気制御が容易であるアルゴンアークプラズマを熱源として,るつぼは酸化物でない水冷銅るつぼを用いた.その結果還元反応は,およそ60秒程度で終了することがわかった.Al/TiO2(モル比)が1~2.8まで変化すると,生成したメタル中のアルミニウム濃度は,11.2~46.3wt%へ増加し,酸素濃度は,2.56~0.17wt%へ減少した.Al/TiO2(モル比)が1.9のときアルミニウム35wt%,酸素1.1wt%のチタン合金が製造できた.酸化物系のるつぼを使用した場合に比べて,低酸素の合金を製造することができた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/49950
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk046006002.pdf804.4 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください