UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49954

タイトル: 研究解説 : 風景シミュレーションから見た被写体の変形と落下水滴の視覚効果に関する一考察
その他のタイトル: A study on visual effect of deformation and water drops on Landscape Simulation
著者: 青島, 正和
村井, 俊治
著者(別言語): AOSHIMA, Masakazu
MURAI, Shunji
発行日: 1994年6月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 46(6), 1994.6, pp. 333-340
抄録: 既報においては物理理論に忠実な景観画像の作成方法について述べた.これはいわば写実派の画像作成方法と言うことができるが,画像の作成においてこれだけでは表現できない部分がある.それが物体の変形を用いた寓意の表現であり,落下水滴のような時間変化を伴う運動の表現である.本論文では両者ともまず絵画におけるそれらの表現についての検討を行い,次に画像処理を用いたシミュレーションを行ってみた.その結果変形も落下水滴も良好な画像の作成が可能で,心理分析等への応用が可能なことがわかった.
URI: http://hdl.handle.net/2261/49954
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk046006006.pdf934.99 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください