UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/50014

タイトル: 特集2 : 研究解説 : 塑性加工の数値解析 : 現状と課題
その他のタイトル: Numerical Simulation of Metal Forming Processes : Present Status and Problems
著者: 木内, 学
著者(別言語): KIUCHI, Manabu
発行日: 1994年12月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 46(12), 1994.12, pp. 611-618
抄録: 発展を続ける塑性加工の数値解析のうち,各分野で主要な役割を担っている剛塑性有限要素法,上界法,エネルギ法,スラブ法について,解析・計算技術に関する研究の現状とそれらの利用状況を説明し,併せて,圧延,押出し,引抜き,鍛造分野でこれまでに得られた成果の概要を紹介する.
内容記述: 特集 プロダクションテクノロジー
URI: http://hdl.handle.net/2261/50014
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk046012003.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください