UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
38 ドイツ語ドイツ文学 >
1143810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/50086

タイトル: 読み替えられた詩人 : トラークル受容史におけるハイデガー「詩の中の言語」
その他のタイトル: Der umgeschriebene Dichter : Die Sprache im Gedicht in der Rezeptionsgeschichte Georg Trakls
著者: 日名, 淳裕
著者(別言語): Hina, Atsuhiro
キーワード: ゲオルク・トラークル
ブレンナー・クライス
マルティン・ハイデガー
ギュンター・アイヒ
ゴットフリート・ベン
第二次世界大戦
国民社会主義
音韻性
歴史性
発行日: 2011年11月
出版者: 東京大学大学院ドイツ語ドイツ文学研究会
掲載誌情報: 『詩・言語』. 第75号, 2011年11月, pp. 87-109
抄録: 本稿は東京大学ドイツ文学研究室で2010年11月25日に行われたドクター・コロキウムの発表原稿に加筆したものである。今回はハイデガーが第二次大戦後1950年代に発表したトラークル論をあつかった。はじめに、実際にハイデガーとも関係のあった二人の詩人アイヒとベンの作品分析をとおしてこの時期の抒情詩の傾向を概観し、それが当時の歴史的文脈と不可分であることを確認した。それからハイデガーの論文もまたこのような歴史的文脈の中においてこそ読まれるべきであるという主張を出発点として、戦後におけるハイデガーとブレンナー・クライスのかくれた結びつきを論文成立の最大の契機として指摘した。この論文が高度に政治的な意図を背景にもつものであり、そこで論じられたトラークルはまさにハイデガーによって<読み替えられた>といっても過言ではない。そしてこの論文を含むハイデガーの詩論集『言葉への途上』が後の抒情詩の自己規定に大きな影響を与えたことを顧みつつ、トラークルのテクストに対するハイデガーの具体的な作業をかれの<歴史性>理解への批判を中心に分析した。
(ドイツ語要約あり)
URI: http://hdl.handle.net/2261/50086
ISSN: 09120041
出現カテゴリ:019 文学
1143810 学術雑誌論文

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Si_gengo_75_4.pdf324.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください