UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/502

タイトル: 授業現象学序説 : 現出の豊かさについて
その他のタイトル: An Introduction to a Phenomenology of Teaching : On the Richness and Fullness of Appearances
著者: 中田, 基昭
著者(別言語): Nakada, Motoaki
発行日: 1986年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 25巻, 1986.3, p.77-93
抄録: The present paper will show, via an application of radicalized Hussrlian concepts of phenomenon, new dimensions will be open to the investigation of teaching phenomena. It is important, thereby, to observe the following two methodological attitudes. 1. The historical development of science and/or philosophy must be explained from its very original foundation. 2. There is a gradation of differences in the prepredicative domain with respect to the richness and fullness of appearances. The author believes that, when these two attitudes are adhered to, the authentic rigorous science of teaching as a historically lively movement can exist on its own, and, therefore, it will become possible only as a phenomenology in the sense of a "historical-genetic phenomenology of the prehistory of the phenomenology."
URI: http://hdl.handle.net/2261/502
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688281.pdf2.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください