UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/504

タイトル: 地方(市町村)教育行政に関する一考察 : 千葉県A市の調査報告
その他のタイトル: A Study on the Local (city, town, and village) Educational Administration : A Report of a Questionnaire Study at 'A' City in Chiba Prefecture
著者: 浦野, 東洋一
著者(別言語): Urano, Toyokazu
発行日: 1986年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 25巻, 1986.3, p.137-150
抄録: In Japan, after the World War II, the reform of educational administration was directed fundamentally on the so-called "three doctrines" (decentralization, democratization, and independence). So, at the local level (prefecture, city, town, and village), school board systems were adopted and scool board members were to be elected by residents of the districts. But by the re-reform in 1956, school board members became to be nominated by the heads of local governments. As the result of it, now it is said that school boards may have lost their vitality. Can it really be so? This is a report of a questionnaire study on the actual situations of 'A' city school board in Chiba Prefecture.
URI: http://hdl.handle.net/2261/504
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688283.pdf1.69 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください