UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
90 フィレンツェ教育研究センター >
Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5055

タイトル: RIFLESSI DEL SOL LEVANTE IN TOSCANA : L'INFLUENZA DELLA CULTURA GIAPPONESE NELLA TOSCANA DI FINE OTTOCENTO
その他のタイトル: 19世紀末トスカーナにおける日本文化の影響
著者: Martina, Becatini
著者(別言語): マルティーナ, ベカッティーニ
発行日: 2004年6月
出版者: 東京大学フィレンツェ教育研究センター
掲載誌情報: Cultura Italo-Giapponese, 1, 2004.6, pp. 73-115
抄録: 19世紀後半から岩倉具視や岡倉天心の訪問を受けたフィレンツェでは、幾人かの美街商と蒐集家を中心に日本文化への関心が高まった。次第に日本趣味は本格化し、プッチーニの『蝶々夫人』はその好例となった。一方、マッキア(色斑)派と呼ばれる画家たち、ファットーリやシニョリーニらはパリのジャポニスムを担う画家同様、日本の浮世絵を重要な霊感の源とみなしていた。またトスカーナ地方には、アール・ヌーヴォーの流れの中で日本趣味をとりいれた室内装飾や建築物が残されている。
URI: http://hdl.handle.net/2261/5055
出現カテゴリ:Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze
Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
cg001004.pdf11.5 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください