UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
90 フィレンツェ教育研究センター >
Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5058

タイトル: TRADURRE L'AMBIGUITÀ : UNA CONVERSAZIONE SU KAWABATA E LE TRADUZIONI DELLE SUE OPERE
その他のタイトル: 対談:曖昧さを訳す : 川端康成と彼の作品翻訳について
著者: Giorgio, Amitrano
Sagiyama, Ikuko
Wada, Tadahiko
著者(別言語): ジョルジョ, アミトラーノ
鷺山, 郁子
和田, 忠彦
発行日: 2004年6月
出版者: 東京大学フィレンツェ教育研究センター
掲載誌情報: Cultura Italo-Giapponese, 1, 2004.6, pp. 163-186
抄録: 記念碑的な川端康成作品集の刊行に際し、一見簡素な表現に包まれた川端文学に潜む曖昧さをいかにとらえ外国語に訳すかについて、翻訳論そのものにも触れながら、三様に異なる立場に立脚する日伊の文学研究者が談義する。
URI: http://hdl.handle.net/2261/5058
出現カテゴリ:Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze
Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
cg001007.pdf1.67 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください