UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
90 フィレンツェ教育研究センター >
Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/5068

タイトル: RICREARE I CLASSICI : NÔ DIMENTICATI NUOV AMENE SULLA SCENA
その他のタイトル: 現代に蘇る古典 : 復曲能と再創造
著者: Nishino, Haruo
著者(別言語): 西野, 春雄
発行日: 2006年7月
出版者: 東京大学フィレンツェ教育研究センター
掲載誌情報: Cultura Italo-Giapponese, 3, 2006.7, pp. 43-61
抄録: 能の七世紀に渡る歴史のなかで作られた作品はおびただしい数にのぼるが、現在でも上演されるのはそのうちのほんの一部でしかない。ここ二十年のあいだに盛んに試みられる復曲は、歴史の間隙を埋め、現在の能楽界を活性化させる意義をもつ。作品の可能な限りの復元を試みるケース、新たな創作を付け加えて忘れられた古典を上演するケースと、復曲の手法を分類し、各場合について、能本作者としての筆者の豊富な経験から『雪鬼』、『松山天狗』、『鐘巻』、『当願暮頭』などの例を挙げて説明する。なおフィレンツェ市ステイッベルト美術館における雪鬼面の「発見」は、今後の『雪鬼』復曲上演のための解釈に新たな示唆を与えるものである。
URI: http://hdl.handle.net/2261/5068
出現カテゴリ:Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze
Cultura Italo-Giapponese : Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Università di Tokyo in Firenze

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
cg003004.pdf2.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください