UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/508

タイトル: 日本語の助詞ハとガの獲得に対する機能的アプローチ
その他のタイトル: A Functional Approach to the Acquisition of Japanese Particles wa and ga
著者: 田原, 俊司
伊藤, 武彦
著者(別言語): Tahara, Shunji
Ito, Takehiko
発行日: 1986年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 25巻, 1986.3, p.227-236
抄録: Wa and ga are difficult grammatical items to acqire in both first and second languages and there are still parts of unsolved problems in their description in the history of grammatical theories. Our approach is based on the view that wa and ga have grammatical multifunctionality which makes this grammatical issue more complex. In this paper three components of the multifunctionality of wa and ga are proposed : (1) syntactic function, (2) referent-comparison function, and (3) discourse function. The purpose of this study is to clarify the process of the acquisition of each function by using psycholinguistic methods as a first step to discuss the relation among the multiple functions.
URI: http://hdl.handle.net/2261/508
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688287.pdf914.32 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください