UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/509

タイトル: 重度・重複障害児の教育に関する基礎的考察 : 人間行動の成りたちの基礎に立ち返って
その他のタイトル: Basic Consideration on Education for Severely- and Multi-handicapped Children : Returning to the Foundation of the Organization of Human Behaviour
著者: 柴田, 保之
著者(別言語): Shibata, Yasuyuki
発行日: 1986年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 25巻, 1986.3, p.237-245
抄録: The state and the developmental process of the severely- and multi-handicapped children were described. We divided them into two aspects; the function of the subject and the external world constructed by him. About the former, we investigated the system of the anticipation, the controll and the conffirmation of the behavior; about the latter, the construction of the postural space and the operational space.
URI: http://hdl.handle.net/2261/509
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688288.pdf995.8 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください