UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/510

タイトル: K.ポパーの「方法論的個人主義」の主張と社会科教材構成
その他のタイトル: K. Popper's Thesis of "Methodological Individualism" and Curriculum Development in Social Studies
著者: 中澤, 賢一
著者(別言語): Nakazawa, Ken-ichi
発行日: 1986年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 25巻, 1986.3, p.253-262
抄録: The purposes of this study are twofold: (1) to present a curriculum making procedure for teaching societal phenomena such as institutions and mechanisms of social changes, retaining the relations with children's everyday life experiences, and (2) to justify the efectiveness of the procedure by applying it to the case of a curriculum designed for the purpose of teaching the concept of "price mechanism". The procedure was adopted following Karl Popper's thesis of "Methodological Individualism" and his doctrine of "Logic of the Situation". This procedure can help us to develop a curriculum to teach societal phenomena by analyzing the individuals' situations so that they may be grounded upon the general laws commonly taken for granted by members of the society.
URI: http://hdl.handle.net/2261/510
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688289.pdf1.11 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください