UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
42 スラヴ語スラヴ文学 >
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51294

タイトル: ベールイの『弁証法としてのリズムと『青銅の騎士』』の解析 : 詩のリズム曲線に関する仮説について
その他のタイトル: К вопросу о теории кривой стихотворного ритма в работе «Ритм как диалектика и «Медный всадник» » А. Белого
著者: 柿沼, 伸明
著者(別言語): КАКИНУМА, Нобуаки
かきぬま, のぶあき
発行日: 2012年3月8日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室
掲載誌情報: Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報. 第27号, 2012.3.8, pp. 39-72
URI: http://hdl.handle.net/2261/51294
出現カテゴリ:Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
SLA0270003.pdf579.94 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください