UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51329

タイトル: 修復理論における「正義」概念 : 関係性の構築と修復に主眼を置いた教育実践をめぐる議論を手掛かりに
その他のタイトル: The Idea of "Justice" in Restorative Theories : How "Justice" is Perceived in Educational Settings Where Building and Restoring Relationships are Highly Valued
著者: 山辺, 恵理子
著者(別言語): Yamabe, Eriko
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 63-70
抄録: This paper outlines the three theories and practices of restorative justice: 1)restorative justice in the context of judical systems, 2)restorative justice as a theory of justice and just society, and 3)restorative practices, a caring and educational approach based on the theory of restorative justice. I here examined how the idea of "justice" is understood in these restorative theories. I will also show how the restorative theories advocates are identifying their idea of "justice" and how it differs from the concept of "justice" in other contemporary theories of justice, to consequently investigate the significance of the new alternative idea of "justice."
URI: http://hdl.handle.net/2261/51329
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_06.pdf1.71 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください