UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51330

タイトル: 1969年イングランドにおける進歩主義的教育改革批判論の諸相 : 『教育黒書』を中心とするその構図
その他のタイトル: The Logic of Attacks on the Progressive Reformation of Education in the Postwar England : Focusing on the Black Paper published in 1969
著者: 吉田, 直哉
著者(別言語): Yoshida, Naoya
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 71-79
抄録: After the World War II, the Progressives led the reformation of education in England. This trend was accelerated after the return of the Labour Party to power. However, in the late 60's, some people started to criticise the progressive reformation as the cause of political and economical disorder. In 1969, the first Black Paper was published. It was an epoch of the counterattack against the Progressives by the Conservatives. The Conservatives criticised the egalitarian tendency of the Progressives for their ignorance of the importance of social order and stratification. This paper is focused on the series of the Black Papers, and analyses the logics of their opposition against the Progressives.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51330
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_07.pdf1.67 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください