UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51334

タイトル: 高等教育懇談会による「昭和50年代前期計画」の審議過程 : 抑制政策のロジック・アクター・構造
その他のタイトル: The Policy Process of "Plan for the first half of Showa 50's" at the Advisory Committee on Higher Education (Koto-Kyoiku-Kondankai) : Logic, Actor and Structure of the Restraining Policy
著者: 橋本, 鉱市
著者(別言語): Hashimoto, Koichi
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 117-134
抄録: "Plan for the first half of Showa 50's," is the report by the Advisory Committee on Higher Education in 1975. It shows that the restraining policy was adopted, completely switched from the previous expansion policy of higher education during that period. In this paper, I tried to analyze the contents and process of the discussion of the 1975 report. Then I examined how the expansion policy of the higher education in Japan had been changing to the restraining policy, and also the influential actors in the policy-making process of the higher education in the post-war Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51334
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_11.pdf1.72 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください