UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51338

タイトル: 感情労働研究の概観と感情労働方略の概念規定の見直し : 概念規定に起因する問題点の指摘と新たな視点の提示
その他のタイトル: A review of the studies of emotional labor and the reconsideration of the conceptualization of emotional labor strategy : pointing out the problems caused by conceptualization and suggesting the new perspective
著者: 榊原, 良太
著者(別言語): Sakakibara, Ryota
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 175-182
抄録: The paper critically assesses and highlights various problems with research carried out on the theme of Psychological "Emotional Labor", whilst then providing an appropriate direction for future research based on the ideas of Hochschild. In particular, the reason for the inconsistency and doubtfulness in terms of the validity of previous research, are based on the conception of "emotional labor" strategies such as "surface acting" and "deep acting", which legitimize the claim. In addition, despite Hochschild's original main focus on it, the existence of the gap between "natural feelings" and "deep acting" as a reason for psychological stress which has been overlooked in research up until now is specified, and the importance of that research is then shown.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51338
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_15.pdf1.8 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください