UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51340

タイトル: 「育児不安」の再検討 : 子ども虐待予防への示唆
その他のタイトル: The Review of "Parental Anxiety" : To Suggest the Prevention for Child Maltreatment
著者: 渡邉, 茉奈美
著者(別言語): Watanabe, Manami
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 191-202
抄録: We have to consider the effective program to prevent our children from child maltreatment because child maltreatment is increasing. What is the most effective for every parent? I think every parent has more or less parental anxiety. So the preventing program focusing on it can be effective for every parent. In this paper, I reviewed the studies of parental anxiety. Then I found the parental anxiety affects the parenting misbehavior and that it is changing with time. For example, there may be anxiety about abusing as everyone knows "child maltreatment" by the media. That is why I suggest that we should hear the real parents'voice to know what kind of anxiety they have. If we can know it, we are making the program of primary prevention of child maltreatment that focuses on it.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51340
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_17.pdf1.65 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください