UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51342

タイトル: 保育の質に関する縦断研究の展望
その他のタイトル: Review of Longitudinal Study on Quality in Early Childhood Education and Care
著者: 秋田, 喜代美
佐川, 早季子
著者(別言語): Akita, Kiyomi
Sagawa, Sakiko
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 217-234
抄録: The importance of the quality of early childhood education and care (ECEC) has been noted in different academic domains and the improvement of ECEC quality is a matter of the highest priority internationally. This paper reviews the empirical studies which examined longitudinally the impact of ECEC quality on child development. First, the focus is on the evaluation method. What indicators and scale are used to measure the quality of the structure and process? What are the advantages and limitations of each scale? Then, the findings of the longitudinal studies are reported. This paper addresses significant issues in determining and measuring quality for further discussion on quality research and also on a comprehensive ECEC policy.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51342
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_19.pdf1.73 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください