UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51343

タイトル: 発達障害児・者のきょうだいに関する研究の概観 : きょうだいが担う役割の取得に注目して
その他のタイトル: Review of studies of support for siblings with developmental disabilities
著者: 大瀧, 玲子
著者(別言語): Otaki, Reiko
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 235-243
抄録: The purpose of this paper is to review the study on siblings of disabilities, and investigate siblings'experience and the trend in supports for them. As a result, two important factors are considered, 1) the role as siblings of people with disabilities were changed with the times, from role as caretaker about people with disabilities into role as siblings who have their own concern and to be supported. 2) siblings have unusual concerns and opportunities, however, siblings must care for their problems privately in Japan. To support them, it is required to participate professionals in support program, and to suit the individual problems of siblings.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51343
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_20.pdf1.63 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください