UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51354

タイトル: イギリスの大学制度に関する歴史的研究についてのレビュー
その他のタイトル: A Review on the Historical Studies of University System in the United Kingdom
著者: 山崎, 智子
著者(別言語): Yamazaki, Tomoko
発行日: 2012年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 51巻, 2012.3, pp. 377-385
抄録: This paper sets out to review literature on state-university relationships in the United Kingdom. Berdahl (1959) regarded the University Grants Committee (UGC) as an ideal agency which maintained a desirable relationship between the state and the universities. Though Berdahl's theory has been widely accepted, Vernon (2004) claimed that the state had strong influence on the universities in a prehistory of the UGC. The prehistory can be divided into four periods: the foundation of modern universities, the beginning of the university grants, the incorporation of civic universities, and the establishment of the UGC. In order to clarify the state-university relationships, these issues should be analysed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51354
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_51_31.pdf1.66 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください