UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51466

タイトル: TEMPO 酸化セルロースナノファイバーの調製と特性解析
その他のタイトル: Preparation and Characterization of TEMPO-Oxidized Cellulose Nanofibers
著者: 磯貝, 明
著者(別言語): ISOGAI, Akira
発行日: 2012年2月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十六号, 2012年2月, pp. 1-47
抄録: 2,2,6,6一テトラメチルピペリジニルー1一オキシルラジカル(TEMPO)を用いることにより,多糖の1級水酸基を選択的にカルボキシル基に変換できる。このTEMPO触媒酸化反応を木材パルプに適用すると,ミクロフィブリル表面に露出しているC6位の1級水酸基を選択的に酸化でき,カルボキシル基のNa塩が生成する。十分なカルボキシル基量を有するTEMPO酸化木材セルロースを水中で角繊処理することで,約4㎜の均一幅で,長さ数ミクロンの擬集せずに)孤立したナノファイバーに変換できる。TEMPO酸化によりミクロフィブリル上に高密度で負電荷が生成するため,水中で荷電反発浸透圧効果が作用し,高アスペクト比で高結晶性のTEMPO酸化セルロースナノファイバー(TOCN)が得られる。 TOCN/水分散液からキャスト成形したフィルムは高い光学透明性,極めて低い酸素透過度と線熱膨張率,高強度等の特性を有する。TOCNは豊富な木質バイオマスから製造可能であり,環境適合型の新規バイオナノ素材として,食品医薬品用の高ガスバリア包装用材料,表示体フィルム,電子部材,ヘルスケア材料等の先端分野への利用が期待される。
Selective conversion of primary hydroxyls of polysaccharides to carboxyl groups can be achieved by TEMPO (2,2,6,6-tetramethylpiperidinyl-l-oxyl radical)-mediated oxidation in water under moderate conditions. Fundamental and applied studies of TEMPO-oxidized cellulose nanofibers and their related researches are reviewed, primarily based on the results obtained in our laboratory and by collaboration. When TEMPO-mediated oxidation in water is applied to bleached wood kraft pulps for papermaking, C6-carboxylate groups are efficiently and position-selectively formed on the surfaces of wood cellulose microfibrils. TEMPO-oxidized wood celluloses having sufficient amounts of sodium carboxylate groups can be converted to individualized cellulose nanofibers with almost uniform widths of 4 nm and lengths >1 µm by mild mechanical disintegration in water. Electrostatic repulsion and/or osmotic effect efficiently work between anionically charged TEMPO-oxidized wood cellulose microfibrils, resulting in the formation of the individual nanofibers with high aspect ratios and high crystallinity. Cast films prepared from the TEMPO-oxidized cellulose nanofiber (TOCN)/water dispersions have high optical transparency, extremely low oxygen permeability, low thermal expansion coefficients, high strengths and other unique properties. The new cellulose-based nanofiber films are expected to be applied as transparent packaging materials with a high oxygen barrier for foods and medicines, flexible display panels, electronic devices, health care and other uses. Thus, TOCNs prepared from abundant wood biomass have great potential as novel bio-based nanofibers in state-of-the-art material fields required for the establishment of a sustainable society.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51466
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh126001.pdf23.37 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください