UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51467

タイトル: 日本産イチイ科植物内生菌のタキソイド生成能の検討
その他のタイトル: Ability to Synthesize Taxoids of Endophytic Fungi in Japanese Taxaceae Plants
著者: 石野, 貴久
寺田, 珠実
鮫島, 正浩
鴨田, 重裕
著者(別言語): ISHINO, Takahisa
TERADA, Tamami
SAMEJIMA, Masahiro
KAMODA, Shigehiro
キーワード: ブナ科樹木萎凋病
Raffaelea quercivora
感受性
反応障壁
Japanese oak wilt
susceptibility
reaction zone barrier
発行日: 2012年2月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十六号, 2012年2月, pp. 45-58
抄録: イチイ属樹木特有の抽出成分として知られるタキソールは,幅広い癌に効果のある強力な抗癌剤であるが,供給不足のため依然として高価な薬剤である。この供給不足解消の新たな手段として,内生菌の利用に着目した。イチイに加え,同じイチイ科であるカヤの内生菌の単離同定を行い,そのタキソール生産可能性についてタキソール生成酵素遺伝子の有無という観点から検討を行った。まず,イチイからは一Phomopsis属を中心に10種類の菌が,カヤはXylaria属を中心に11種類の菌が単離された。次に,既知のタキソール生合成関連酵素の内,特に利用性の高いTXS(taxadienesynthase), BAPT(3-amino-3-phenylpropanoyl-13-O-transeferase),TαH(taxadiene 13α hydroxylase)という3つの酵素遺伝子の存在可能性を,ドットプロットハイブリダイゼーション法を行うことで調べ,一次スクリーニングとした。その結果,イチイ内生菌[Collelotrichum gloeosporioides],[Paraconiothyrium microdiplodia],カヤ内生菌[Xylariaceae sp, Cordyceps diplerigene],[Sordariomycete]の4菌種において,3種全てのプローブでハイブリダイズした。このうち,カヤ内生菌のCordyceps dipterigeneに注目して,サザンハイブリダイゼーションを行ったところ,上記3種の酵素のプローブでバンドが確認できた。その部分をゲル抽出してテンプレートとし,PCRを行い,塩基配列を読んだところ,上記3つの酵素遺伝子と95%以上の高い相同性を示し,タキソール生成酵素遺伝子を有する微生物を初めて発見することができた。
Taxol is a potent antimitotic agent with excellent activity against a range of cancers. Several methods have been developed for taxol production, e.g, total chemical synthesis, semisynthesis from precursor Baccatin III and plant cell culture. But, taxol supply does not meet demand. So, in order to lower the price of taxol and make it more widely available, we focused on endophytic fungi as an alternate source of supply. This study investigated the endophytic fungi diversity of Taxus cupidata and Torreya nucifera and screened the taxol-producing fungi in the host. Endophytic fungi obtained from bark, leaf and leaf stem were identified by sequence analysis of the internal transcribed space (ITS1-5.8S-ITS2) of rDNA. 10 endophytic fungal strains were isolated from Taxus cupidata and 11 strains from Torreya nucifera. We researched the gene sequences of the paclitaxel biosynthetic pathway enzymes in 21 endophytic fungi to discover taxol-producing fungi. We examined the presence of TXS, BAPT and T a H, thought to be a key enzyme for taxoid production, by dot blot hybridization for first screening of taxol-producing fungi. As a result we were able to obtain four fungi strains in which TXS, BAPT and TαH hybridization signals were obsereved. They were Colletotrichum gloeosporioides and Paraconiothyrium microdiplodia from Taxus cuspidate, Cordyceps dipterigene and Sordariomycete from Torreya nucifera. Secondly we focused on Cordyceps dipterigene and researched the gene sequence of TXS, BAPT and TαH by southern hybridization, gel extraction and PCR. As a result we were able to obtain the sequences of three taxol biosynthetic pathway genes from Cordyceps dipterigene and from this we concluded that Cordyceps dipterigene has the ability of taxoid production. This report is the first discovery of an endophytic fungus which has several taxol biosynthetic pathway genes.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51467
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh126002.pdf1.81 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください