UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51468

タイトル: トンネル掘削残土の渓谷への埋め立てが渓流水質に及ぼす影響【修正版】
その他のタイトル: Impact of Tunnel Excavation Muck dumped along the canyon on Streamwater Chemistry【revised edition】
著者: 五名, 美江
蔵治, 光一郎
春田, 泰次
大村, 和也
千嶋, 武
才木, 道雄
齋藤, 俊浩
著者(別言語): Gomyo, Mie
Kuraji, Koichiro
Haruta, Yasuji
Ohmura, Kazuya
Chishima, Takeshi
Saiki, Michio
Saito, Toshihiro
キーワード: 渓流水質
掘削残土
酸性化
硫酸イオン
中和
Streamwater chemistry
tunnel excavation muck
acidification
sulfate ion
neutralization
発行日: 2012年2月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十六号, 2012年2月, pp. 59-80
抄録: 岩石中に硫化鉄鉱物を含む岩盤にトンネルを掘削し,残土を周辺の渓谷に埋め立てると,硫化鉱物が酸素を含んだ降水や地下水と接触し,酸化・分解することにより硫酸酸性浸出水が発生し,生物の発死や有害金属類の流出などにより周辺環境に悪影響を及ぼす可能性がある。掘削残土の中に酸性化を緩衝する能力を有する鉱物が含まれる場合は,中和作用により浸出水のpHの低下が抑制されるため,浸出水のpHは,硫化鉱物の酸化により生ずる硫酸量と,緩衝鉱物の分解に消費される硫酸量の兼ね合いによって決まると考えられる。本研究では,トンネル掘削残土の埋め立てによる渓流水の溶存物質濃度の長期的な変化を明らかにするために,トンネル掘削残土の埋め立て区間の直上流,直下流で,埋め立て前後11年間の渓流水質モニタリングのデータ(東京大学農学部附属演習林,1998)と、その後11年問、著者らが引き続いて行ったモニタリングのデータを合わせて検討した。その結果,1993~94年に埋め立てが終了した後16年が経過しても,埋め立てによる渓流水質への影響は続いていた。埋め立て区聞の直下流ではSO42-,Ca2+,アルカリ度が有意に高い状態が続いているが,渓流水のpHの低下はみられず, Ca2+を主とするカチオンが,S含有鉱物の分解によって生じた硫酸を中和し, pHを中性に保ったと考えられる。埋め立てがCa2+以外のカチオン濃度を増加させた期問は3~5年聞にとどまり,SiO2には埋め立ての影響がなかった。影響の継続期聞については,ワサビ沢では31年,トウバク沢では17年~20年と試算された。
To show the long-term changes in streamwater quality after dumping tunnel excavation muck along the canyon, streamwater chemistry monitoring was undertaken at points upstream and downstream from the site where rock muck had been dumped in Wasabi and Toubaku Creek over 11 years. The concentrations of SO42- below the dumping site were significantly increased which is consistent with the results found in the previous study that some of the rock muck contained Greigite. The pH of streamwater below the dumping site was, however, not significantly different from that above the dumping site, suggesting that 5042- was neutralized by some cations such as Cat+ which was also significantly increased below the dumping site. Although the difference of mean annual SO42- concentration between the points upstream and downstream of the dumping site became smaller, the difference was still significant for 17 years after dumping. It takes about 31 years in the Wasabi creek and from 17 to 20 years in the Toubaku Creek for the SO42-concentration of streamwater downstream of the rock muck to be returned to the level found upstream.
URI: http://hdl.handle.net/2261/51468
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh126003.pdf1.73 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください