UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
112 医学系研究科・医学部 >
18 外科学専攻 >
1121820 博士論文(外科学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51474

タイトル: 急性肺障害モデルにおける肺胞リクルートメント/ディリクルートメント(開放/虚脱)動態の複合的解析
その他のタイトル: Integrated analysis on dynamics of alveolar recruitment/derecruitment in acute lung injury model
著者: 鵜澤, 吉宏
著者(別言語): うざわ, よしひろ
発行日: 2011年3月24日
抄録: ALI/ARDSに対する治療においては, 人工呼吸に起因する肺損傷が知られており, これを防止することが求められている。ALI/ARDS肺を構成する肺胞を, 正常な肺胞(含気肺胞)と含気を喪失した肺胞(非含気肺胞)に分類したとき, 非含気肺胞が含気肺胞になることをリクルートメント, 逆をディリクルートメントとよぶ。人工呼吸を適切に行うためには, 肺のリクルートメント・ディリクルートメントを連続的かつ定量的に評価することが重要である。本研究では, 静的条件で得られる圧-量(P-V)曲線からリクルートメント・ディリクルートメントを評価すること, 静的条件および動的条件で得られたP-V曲線の差異を検討することを目的とした。肺の状態を単純化したモデル(NPVモデル)を導入し, それに基づき, ウサギ損傷肺のP-V曲線から含気肺胞数を定量的に評価することができた。また, その結果を, 摘出肺の画像解析を通して検証した。さらに, 静的および動的に取得した呼気P-V曲線を比較した結果, 両者に大きな差異がないことを確認した。本研究の結果は, ALI/ARDSの人工呼吸管理において, ベッドサイドで得られる情報から肺のリクルートメント・ディリクルートメントを評価できること, また, 静的条件で得た情報を人工呼吸管理にそのままフィードバックできることを示唆する。
内容記述: 報告番号: 甲27096 ; 学位授与年月日: 2011-03-24 ; 学位の種別: 課程博士 ; 学位の種類: 博士(医学) ; 学位記番号: 博医第3706号 ; 研究科・専攻: 医学系研究科外科学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/51474
出現カテゴリ:021 博士論文
1121820 博士論文(外科学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
h22_uzawa.pdf1.14 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください