UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
40 国際社会科学専攻 >
相関社会科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51517

タイトル: 制度変化をめぐる新制度論の理論的発展 : James Mahoney and Kathleen Thelen(2010) Explaining Institutional Changeを手がかりに
その他のタイトル: A Theoretical Development of the New Institutionalism on a Institutional Change
著者: 早川, 有紀
著者(別言語): Hayakawa, Yuki
発行日: 2012年3月5日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻
掲載誌情報: 相関社会科学. 第21号, 2012.3.5, pp. 77-83
内容記述: 書評論文
Reviews
URI: http://hdl.handle.net/2261/51517
ISSN: 09159312
出現カテゴリ:相関社会科学
相関社会科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ssk021006.pdf615.53 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください