UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51527

タイトル: 香深井A遺跡出土オホーツク土器の型式細別と編年
その他のタイトル: Typological and Chronological Reexamination of the Types of Okhotsk Pottery from Kabukai-A Site
著者: 熊木, 俊朗
著者(別言語): Kumaki, Toshiaki
発行日: 2012年3月21日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第26号, 2012.3, pp. 1-38
抄録: 礼文島香深井A遺跡出土土器群は、北海道北部のオホーツク土器編年を構築する際に最も重要となる資料である。かつて大井晴男は、この香深井A遺跡の調査成果に基づいて土器の「型式論的変遷」のあり方について論じ、その結論として、土器型式は「年代学上の単位」にはならないとして山内清男や伊東信雄による土器型式編年の方法を否定した。本論では、大井の「型式論」が抱える具体的な問題点を明らかにするために、香深井A遺跡出土土器群に対して属性分析の手法を用いた分析を試みた。その結果、この土器群の型式変化は大井の見解とは異なり、単線的かつ不可逆的なあり方を示すことが明らかになった。この結果を踏まえて本論では、北海道北部のオホーツク土器編年として以下のような5型式(8段階)からなる型式編年を提示した。すなわち、刺突文群=十和田式(前半・後半)→刻文I群→刻文II群→沈線文群(前半・後半)→道東部の貼付文期に併行する土器群(前半・後半)という編年である。本論の検討結果に従うならば、少なくとも北海道北部のオホーツク土器に関しては、その型式変化の実態は大井が示した「型式論的変遷」とは異なっていたと評価できる。
The purpose of this paper is to reexamine typology and chronology of the types of Okhotsk pottery from Kabukai-A site in Rebun Island, in the northern part of Japan. A group of the pottery of Kabukai-A site is the most important material for the chronological study of the types of Okhotsk pottery in the northern part of Hokkaido. Based on the results of investigation of this site, Haruo OI propounded the transition model of the pottery types and consequently denied the method of chronology of pottery types developed by Sugao YAMANOUCHI. In this paper, in order to argue against OI's transition model, I analyze the group of the pottery of this site using techniques of attribute analysis. As a result, unlike OI's transition model, typological changes of the group are found to exhibit a unilinear and irreversible way. Based on the results I divide the group of the types of Okhotsk pottery in the northern part of Hokkaido into the following 5 types (8 stages), the groups of the puncture marks = Towada types (early / late stage), the group of the impressed patternsⅠ, the group of the impressed patternsⅡ, the groups of the incised lines (early / late stage) and the groups parallel with the groups of applique decoration in the eastern part of Hokkaido (early / late stage).
URI: http://hdl.handle.net/2261/51527
ISSN: 18803784
出現カテゴリ:東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2601.pdf6.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください