UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51530

タイトル: 資料紹介 : 神奈川県三浦市矢作遺跡出土の器台形土器
その他のタイトル: Vessel Stands of the Yahagi Ruins in Kanagawa Prefecture
著者: 野村, 高広
著者(別言語): Nomura, Takahiro
発行日: 2012年3月21日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第26号, 2012.3, pp. 107-109
抄録: 昭和2年の東亜考古学会による神奈川県三浦市矢作遺跡の発掘で、高杯状器台を含む古墳前期の土師器等が出土している。検討の結果、関東地方の高杯状器台には東海系だけでなく北陸系の影響もみられることが明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/2261/51530
ISSN: 18803784
出現カテゴリ:東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2604.pdf1.3 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください