UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
91 死生学研究拠点 >
死生学研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51590

タイトル: 日本曝露在低輻射劑量論爭之構想
著者: 一之瀨, 正樹
訳者: 張, 惟综
発行日: 2012年3月31日
出版者: 東京大學研究所人文社會系研究科全球COE研究項目"生死學的展開與組織化"
掲載誌情報: 台日國際研討會特集 : 朝往東亞的生死學., 2012.3.31, pp. 28-41
内容記述: 台日國際研討會「朝往東亞的生死學」, 2011.10.7, 國立中山大學社會科學院, 高雄
第一場. 主持人 林慶勳
URI: http://hdl.handle.net/2261/51590
ISBN: 9784925210416
出現カテゴリ:045 COE報告書
死生学研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
da01703004.pdf955.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください