UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/517

タイトル: 教育分析と社会学 : モダニティ概念とパーソンズを中心に
その他のタイトル: Sociology and Analysis of Education : Centering around a Concept of "Modernity" and Talcott Parsons
著者: 森, 重雄
著者(別言語): Mori, Shigeo
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 26巻, 1987.2, p.59-76
抄録: Of course, Sociology of Education means "sociological" elucidation of education. But if this indicates merely accidental application of "sociological" methods to educational phenomena, can we ever refer to academic significance of Sociology of Education? Especially to us, this question relates to academic pathos which make us study various educational phenomena from sociological standpoint. "Why does Sociology try to inquire education?" is our main question. We will examine this in academic sense. That is, to identify education an important "sociological" (not social) problem is our end in this discourse. In this inquiring process, we find primacy of "modernity" and Parsons' late years sociology.
URI: http://hdl.handle.net/2261/517
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126214.pdf1.95 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください