UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
124 情報理工学系研究科 >
40 電子情報学専攻 >
1244025 修士論文(電子情報学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51726

タイトル: 相対プロファイリング : 比較に基づいた並列アプリケーションの性能解析手法
その他のタイトル: Relative Profiling : Performance Analysis Method for Parallel Applications Based on Comparison
著者: 加辺, 友也
著者(別言語): Kabe, Tomoya
発行日: 2012年3月22日
抄録: アプリケーションの速度面での性能を向上させるため, 旧来からプロファイラが開発され, 利用されてきた. プロファイラはアプリケーションの性能を解析し, 開発者がそれを理解し, 高速化につなげる手助けをする役割を果たしてきた. これまでの性能解析はアプリケーションを1回実行し, そのときの挙動を解析することによって為されるものが大半であり, 近年では複数回の実行性能を比較して解析するためのツールも開発されている. また, 現在では並列アプリケーションへの対応は事実上必須となっている. 本研究ではこれらのものとは異なり, 並列アプリケーションの性能解析手法として新たに相対プロファイリングを提案する. 相対プロファイリングでは異なる実行条件での性能差を解析することにより, 原因を突き止め, 性能改善につなげる. 本稿では相対プロファイリングを行うための実装PARPを提案し, これを用いて評価を行った. PageRankを計算するMPIアプリケーションを用いた例では, 通信部分の性能が著しく劣化してしまった原因が誤ったMPIの利用方法によるものであることを明らかにした. 日本語文書のtf-idfを計算するワークフローアプリケーションを用いた例では, Tsubame2とAmazon EC2を用い, 性能差の原因をCPU計算とそれ以外の部分に切り分け, CPU計算部分はほぼ期待されるCPU性能の差と等しく, またそれ以外の部分が性能差の大部分を占めていることを明らかにした. さらに, Tsubame2において2つのファイルシステムで同じアプリケーションを動作させ, ファイルアクセス性能を解析することにより, 性能差に関わるファイルアクセス操作がメタデータアクセスであったことを明らかにし, 相対プロファイリングの有用性を示した.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2012-03-22 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(情報理工学) ; 学位記番号: ; 研究科・専攻: 情報理工学系研究科電子情報学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/51726
出現カテゴリ:025 修士論文
1244025 修士論文(電子情報学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
48106404.pdf2.68 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください