UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
139 大気海洋研究所 >
10 気候システム研究系 >
1391010 学術雑誌 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51899

タイトル: Consistency of Aerosol Size Distributions Inferred from Measurements of Solar Radiation and Aerosols
その他のタイトル: 太陽放射とエアロゾルの測定から推定されたエアロゾルの粒径分布の整合性
著者: Nakajima, Teruyuki
Takamura, Tamio
Yamano, Maki
Shiobara, Masataka
Yamauchi, Toyotaro
Goto, Ryozo
Murai, Keizo
著者(別言語): 中島, 映至
高村, 民雄
山野, 牧
塩原, 匡貴
山内, 豊太郎
後藤, 良三
村井, 潔三
発行日: 1986年10月
出版者: Meteorological Society of Japan
掲載誌情報: Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II. Vol. 64, No. 5, October 1986, pp. 765-776
抄録: Measurements of direct and diffuse solar radiations were carried out in cooperation with in situ measurements of aerosols during two periods of Nov. 4-7, 1978 and Nov. 1-3, 1979 in Sendai, Japan. Intercomparison of volume spectra of aerosols obtained by several kinds of instruments showed that bimodal volume spectra are preferred to interpret the observed data. Values of the complex refractive index of aerosols were also investigated using a polar nephelometer and the diffuse to global radiation ratio measured by spectro-pyranometers.
太陽直達光と散乱光の観測をエアロゾルの直接測定とあわせて, 1978年11月4~7日と1979年11月1~3日の期問, 仙台にておこなった。各種の測器から得られた体積スペクトルを相互比較したところ, 二山型の体積スペクトルが観測データを説明するために適切であることがわかった。同時に, ポーラー・ネフロメーターと, 分光水平面白射計で計られた散乱/全天日射量比とから得られるエアロゾルの複素屈折率についても調べた。
URI: http://hdl.handle.net/2261/51899
ISSN: 00261165
出現カテゴリ:014 自然科学
1391010 学術雑誌

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Nakajima1986JMSJ_H24P12.pdf1.23 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください