UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
139 大気海洋研究所 >
10 気候システム研究系 >
1391010 学術雑誌 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51900

タイトル: A Simple Expression for the Additional Sky Radiance Produced by Polarization Effects
その他のタイトル: 天空光強度における偏光の影響の補正法
著者: Ogawa, Hiroshi
Tanaka, Masayuki
Nakajima, Teruyuki
著者(別言語): 小川, 浩
田中, 正之
中島, 映至
発行日: 1989年10月
出版者: Meteorological Society of Japan
掲載誌情報: Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II. Vol. 67, No. 5, October 1989, pp. 877-888
抄録: In sky radiance calculations for clear and turbid atmospheres, the neglect of polarization effects produces systematic errors up to about 10%. This paper describes a technique for reducing such errors by adding a correction term to the result of scalar transfer code. A semi-empirical expression for the correction term was constructed based on the successive order theory and several parameterizations. Our expression reduces the error to about 0.6 % in the case of homogeneous, optically thin or moderately thick atmospheres.
分子大気および混濁大気における天空光強度を計算する場合、偏光効果を無視した計算では最大10%程度の誤差が生じる。この誤差を補正するための本研究では、偏光効果から発生する天空光強度を逐次散乱法に基づいて定式化し、いくつかのパラメタリゼーションによって簡便な補正式にまとめた。光学的に厚くない均一大気の場合、我々の得た補正式は偏光の影響による誤差を0.6%程度まで減らすことができた。
URI: http://hdl.handle.net/2261/51900
ISSN: 00261165
出現カテゴリ:014 自然科学
1391010 学術雑誌

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Nakajima1989JMSJ_H24P18.pdf944.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください