UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51963

タイトル: Trends and issues on the Japan Verified Emission Reduction (J-VER) scheme and carbon offset in Japan
その他のタイトル: 日本におけるJ-VER制度とカーボンオフセットの傾向と課題
著者: Hiroshima, Takuya
著者(別言語): 広嶋, 卓也
キーワード: carbon offset
J-VER
カーボンオフセット
発行日: 2012年6月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十七号, 2012年6月, pp. 1-16
抄録: This paper looked back over the development of the J-VER scheme and corresponding carbon offsets, and discussed current issues to be overcome for its further development. The J-VER scheme required more labor and time than many other domestic voluntary credit and action schemes, but these high requirements were almost at the same level as the international VER schemes such as VCS and CAR based on the Kyoto Mechanism and this has led to the high credibility of these schemes. Although project bodies pay relatively high fees of around one million Japanese yen in the J-VER certification process, in the case of the University of Tokyo Chiba Forest with credit unit costs of 4,424 yen t-CO2(-1) including labor and certification fees, it was still profitable if credits were sold at the latest indicative buyer price of 7,333 yen t-CO2(-1). Other voluntary credits were traded in the domestic carbon offsetting markets and competed with J-VER to obtain market share. As a result, the government discriminated between J-VER and other credits by relating J-VER to several public frameworks using national laws. Currently J-VER trading is in a state of oversupply considering the constant increase of certified and issued volume of credits despite a decrease of sales volumes in recent months. In addition, indicative price gaps between seller and buyer are wide, so that the oversupply and price gap indicate an inevitable fall in prices in the near future. To accelerate the current depressed circumstances of J-VER trading, it is essential to increase the current share of J-VER in the carbon offsetting market by replacing CER. For this purpose, it is considered important to promote the use carbon offsets with J-VER by emphasizing that J-VER has the advantage of circulating revenue domestically while CER means revenues flow overseas. This has the merit of stimulating companies to purchase J-VER so their contributions can go to domestic investments for rural area development. It is also important to reform the current partial support only to J-VER suppliers by features such as tax concessions given to the companies who purchase J-VER.
本論ではJ-VER制度と日本国内のカーボンオフセットについて, これまでの設立過程や制度の内容を概説した。そして市場における動向や制度をとりまく状況を整理した上で, いくつかの課題を見いだし, 制度の発展に向けた解決策を議論した。J-VER制度の認証水準は, 国内の他のVER制度に比して厳しいものであるが, 京都メカニズムに倣った国際的な他のVER制度とは同水準にあり, 高い信頼性の担保に寄与している。またJ-VER制度の認証費用は百万円程度と安いものではないが, 2011年4月に認証を取得した東京大学千葉演習林・間伐推進プロジェクトの例では, 認証費用と作業に要する人件費を見込んだ場合でも, クレジットの取得費用は4,424円/CO2トンとなり, 最近のクレジットの買い手気配値7,333円/CO2トンを下回る。また日本国内のカーボンオフセット市場では他の自主的クレジットも取引されておりJ-VERとのシェア争いが起きているが, 環境省はJ-VERを差別化するために, たとえば地球温暖化対策推進法に従い企業が温室効果ガス排出量を報告する際に調整後排出量としてJ-VERの活用を認めるといった対策を講じている。また昨今J-VERは, 認証・発行量の増加に反して取引量の減少が顕著で, 供給過剰の状態にある。さらにJ-VERの取引における売り手と買い手の気配値に大きな開きがあることから近い将来, J-VERの販売価格は下落することが予想される。停滞したJ-VERの取引を今後, 活性化してゆくためには, カーボンオフセット市場において大きな比率を占めるCERのシェアを奪う必要がある。そのためには企業に対してカーボンオフセットを普及・啓蒙する際に, J-VER活用による国内排出削減/森林吸収プロジェクトへの投資といったCER活用にはない, 企業CSR上のメリットを強調する必要がある。さらに現状でJ-VERプロジェクト事業者に偏った支援制度を是正し, たとえばJ-VER購入企業に税制優遇をはかるといった措置をとることも有効と考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/2261/51963
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh127001.pdf2.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください