UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51964

タイトル: Sources and Generation Mechanisms of High SO4(2-) Concentrations in Soil water, Groundwater and Streamwater in a Small Watershed, Lambir Hills National Park, Malaysia
その他のタイトル: マレーシア・ランビル国立公園小流域における土壌水, 地下水, 渓流水の高濃度硫酸の起源と生成機構
著者: Gomyo, Mie
Wakahara, Taeko
Shiraki, Katsushige
Kuraji, Koichiro
Suzuki, Masakazu
著者(別言語): 五名, 美江
若原, 妙子
白木, 克繁
蔵治, 光一郎
鈴木, 雅一
キーワード: Lambir Hills National Park
SO4(2-) concentration
Fe and Al
Soil water
Streamwater
ランビル国立公園
硫酸イオン濃度
鉄とアルミニウム
土壌水
渓流水
発行日: 2012年6月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十七号, 2012年6月, pp. 17-34
抄録: To understand the origin of the high SO4(2-) concentrations in soil water, groundwater, and streamwater in undisturbed natural lowland rain forests and the link between such high SO4(2-) concentrations and Al and Fe leaching, we undertook a case study in nested experimental watersheds covered by undisturbed tropical lowland rain forests in Lambir Hills National Park, Sarawak, Malaysia. Streamwater at the outlet of a 22 ha watershed was sampled weekly for 2 years and an intensive study of soil water, groundwater, and streamwater was conducted within a 0.59 ha sub-catchment. It was found that that (1) the spatial variation of SO4(2-) concentration in streamwater was larger than the temporal variation, (2) the soil water SO4(2-) concentrations in the Sandy Humult Ultisols distributed on the ridges and in the headwater areas in the sub-watershed were two orders of magnitude greater than in the Clay Udult Ultisols distributed on the lower slopes of the sub-watershed. Al leaching began when soil water pH dropped below 4.8 and Ca(2+) concentration levels fell below approximately 20 μmolcL(-1). Fe leaching started when the SO4(2-) concentration reached about 400 μmolcL(-1). These findings suggest that the SO4(2-) may be derived from FeS2, which is unevenly distributed in the watershed, and that different mechanisms may control the leaching of dissolved Al and Fe into the soil water.
低地熱帯雨林における土壌水, 地下水, 渓流水のSO4(2-)濃度の起源とメカニズム, および, 高SO4(2-)濃度とAl, Fe溶出との関係を明らかにするために, マレーシアランビルヒルズ国立公園内の低地熱帯雨林に覆われた小流域を対象に, ケーススタディを実施した。22haの流域末端部で週1回, 渓流水の採水を2年間継続し, 0.59haの支流で土壌水, 地下水, 渓流水の集中観測を実施した。(1)渓流水SO4(2-)濃度の空間分布の範囲は, 時系列分布の範囲よりも大きいこと, (2)支流の尾根および上流域に分布する砂質土壌の土壌水SO4(2-)濃度は, 下流域の斜面下部に分布する粘土質土壌の土壌水SO4(2-)濃度より2オーダー大きいことが明らかになった。土壌水のpHが4.8以下, Ca(2+)濃度が約20μmolcL(-1)以下になるとAlの溶出が始まり, さらに, SO4(2-)濃度が約400μmolcL(-1)に達するとFeの溶出が始まった。これらの結果は, SO4(2-)濃度の起源は, 流域内に不均一に分布するFeS2である可能性を, また, Alの土壌水への溶出は, Feの溶出とは異なるメカニズムで起きていると推察された。
URI: http://hdl.handle.net/2261/51964
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh127002.pdf1.29 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください