UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/51967

タイトル: Encapsulation of Axillary Buds of Gmelina arborea Roxb. and Peronema canescens Jack.
その他のタイトル: Gmelina arborea Roxb.とPeronema canescens Jack.の腋芽のカプセル化
著者: Sukartiningsih
Saito, Yoko
Ide, Yuji
著者(別言語): スカルティニンシー
齊藤, 陽子
井出, 雄二
キーワード: tropical tree
synthetic seed
sodium alginate
in vitro preservation
plant regeneration
熱帯樹木
人工種子
アルギン酸ナトリウム
試験管内保存
植物体再生
発行日: 2012年6月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十七号, 2012年6月, pp. 57-65
抄録: This study developed a method of synthetic seed formation by encapsulating axillary buds from in vitro grown plantlets of two fast-growing tropical tree species, Gmelina arborea and Peronema canescens, under aseptic conditions. MS medium containing plant growth regulators (0.22 mg/l 6-benzylaminopurine, 0.02 mg/l α-naphthylacetic acid, and 1.00 mg/l 3-indolebuthylic acid) and different concentrations of sucrose (3, 6, 12, 24, and 36%) were used as the encapsulation medium in combination with 4% (w/v) sodium alginate. Nodal segments of plantlets were encapsulated with calcium alginate gel. Synthetic seeds were cultured on five types of agar medium containing different shoot sprouting components. Both G. arborea and P. canescens were successfully sprouted from axillary buds in any combination of encapsulation medium and shoot elongation medium after 6 weeks of culture. The MS shoot sprouting medium containing plant growth regulators and 3% sucrose appeared to be suitable for sprouting G. arborea shoots. Shoot sprouting of P. canescens was prominent on medium containing only plant growth regulators, indicating that a continuous supply of plant growth regulators is necessary for P. canescens shoot sprouting. Shoot elongation in G. arborea was promoted at lower sucrose concentrations in the encapsulation medium, whereas that of P. canescens was promoted at higher sucrose concentrations. Plants of these species were established within 1 month by transplanting the elongated shoots into vermiculite. When synthetic seeds were stored at different temperatures (4 10, 15, 20, and 25°C) and for different durations (1, 2, 3, and 4 weeks), they were successfully preserved at all combinations of temperature and duration except for those stored at 4°C. Preserved G. arborea synthetic seeds successfully sprouted shoots in a succeeding culture at 25°C, whereas P. canescens synthetic seeds did not sprout, although the explants remained green in color.
二種の熱帯早生樹, Gmelina arboreaとPeronema canescensの培養中の幼植物体の腋芽部分をカプセル化して人工種子を作成する方法を開発した。植物成長調節物質(0.22mg/l 6-benzylaminopurine, 0.02mg/l α-naphthylacetic acid, 1.00mg/l 3-indolebuthylic acid)と異なる濃度のショ糖(3, 6, 12, 24, 36%)を含むMS培地に4%(w/v)のアルギン酸ナトリウムを添加したものをカプセル化培地とし, アルギン酸カルシウムで包まれた人工種子を作成した。人工種子をシュートの伸長を期待する5種類の培地上で培養したところ, 6週間後には, 両種ともカプセル化培地とシュート伸長培地の特定の組み合わせにおいて, シュートの発生と伸長が見られた。G. arboreaでは,MS培地に成長調節物質とショ糖3%を添加した培地でのシュートの発生が良好であった。P. canescensでは成長調節物質のみを添加した培地でのシュートの発生が良好であった。これは, G. arboreaでは成長調節物質は必ずしも必要ではないが, P. canescensではその補給がシュートの発生に必要なことを示している。シュートの伸長は, G. arboreaではカプセル化培地中のショ糖濃度が低い方で, P. canescensでは高い方でそれぞれ良好であった。人工種子を異なる温度と期間で保存したところ, 4°Cでの保存を除いてすべての組み合わせで保存が可能であった。保存した人工種子を25°Cで培養したところG. arboreaではシュートの発生が見られた。一方, P. canescensでは外植体は緑色を呈していたが, シュートの発生は見られなかった。
URI: http://hdl.handle.net/2261/51967
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh127005.pdf861.2 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください