UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
16 日本史学 >
東京大学日本史学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52080

タイトル: 大正末-昭和初期の"理想的公民像"に関する一考察 : 我が国最初の「公民科教授要綱」成立をめぐって
その他のタイトル: A Study on the Common Vision of "Ideal Citizen" in Japan During the 1920s and Early 1930s : Focusing on the First Established "National Curriculum Guidelines for Kouminka (Civics)"
著者: 亀井, 大史
著者(別言語): Kamei, Hirofumi
発行日: 2011年3月21日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部日本史学研究室
掲載誌情報: 東京大学日本史学研究室紀要. 第15号, 2011.3.21, pp. 139-212
内容記述: 論文
Article
URI: http://hdl.handle.net/2261/52080
ISBN: 9784925084161
出現カテゴリ:東京大学日本史学研究室紀要
東京大学日本史学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
nkk015005.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください