UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
34 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223450 学会・会議等発表資料 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52155

タイトル: 標準化活動者へのメタデータ付与による活動の見える化と合理的な後任候補者選定
その他のタイトル: Appropriate selection of a successor by visualization of the relationship by applying meta-data to the standardization activities and members
著者: 岡田, 伊策
齋藤, 稔
大和, 裕幸
稗方, 和夫
笈田, 佳彰
三浦, 慎也
著者(別言語): Okada, Isaac
Saito, Minoru
Yamato, Hiroyuki
Hiekata, Kazuo
Oida, Yoshiaki
Miura, Shinya
キーワード: RDFグラフ
オントロジー
tf-idf
選択情報量
メタデータ
metadata
meta-data
文書管理
knowledge
ナレッジ
見える化
発行日: 2012年6月14日
関連URI: https://kaigi.org/jsai/webprogram/2012/paper-58.html
抄録: 多数の社外標準化活動従事者がいる総合情報通信企業において、活動者の定期活動レポートを、自然言語処理で解析してメタデータを付与、その活動を見える化した。この結果、各標準化活動従事者のテーマの関係性をネスト状に表現できるようになった。これにより、例えば前任退任時に、近いテーマ・人脈を保有する活動従事者を合理的に抽出し、後任候補を選定できるようになった。今後は組織的な人材育成での活用も目指す。
A model system which can visualize the relationship between knowledge and actual experiences in the Fujitsu's standardization activities has been developed. By applying meta-data to profiles and annual activity-reports of members who are engaged in the standardization activities, the relationship between the profiles and the annual activity-reports has been visualized as RDF graph. It facilitates nominating the successor who has similar knowledge and experience to current members, reasonably and appropriately.
内容記述: 2012年度人工知能学会全国大会(第26回) JSAI2012 (The 26th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2012), 2012年6月12日(火)-6月15日(金), 山口県教育会館他, 山口
URI: http://hdl.handle.net/2261/52155
出現カテゴリ:052 会議発表論文
1223450 学会・会議等発表資料

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Hiekata_JSAI2012_3C2-OS-13b-5.pdf本文(fulltext)982.72 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください