UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/522

タイトル: 今日のわが国における大衆的青年期の主要な矛盾の性格についての試論
その他のタイトル: An Essay on the Nature of Leading Conflict in the Mass Adolescence in Japan of Today
著者: 関口, 昌秀
著者(別言語): Sekiguchi, Masahide
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 26巻, 1987.2, p.187-195
抄録: The leading conflict of education was an inequality of the opportunities of education, that is to say, the division of adolescence. Today in Japan, the inequality is still in the difference in rank-quality of high schools, but on the other side a new problem has appeared. It is the overmanagement through education. According to the position of Japan in the world society has changed from semi-periphery into center, the leading conflict in education in Japan has been altered into the overmanagement through education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/522
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126219.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください