UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
34 環境学研究系 環境システム学専攻 >
1223425 修士論文(環境学研究系環境システム学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52312

タイトル: The Study of Long-term Asia-Pacific Energy Outlook by Implementation of Carbon Capture and Storage (CCS) Technology (summary)
その他のタイトル: 二酸化炭素回収と貯留(CCS)を考慮したアジア・パシフィックにおける長期エネルギー需給の評価(要旨)
著者: Anuar, Muhammad Firdaus bin
著者(別言語): アヌアル, ムハッマド フィルダウス ビン
キーワード: Carbon capture and storage
DNE21
Energy model
Shale gas
Nuclear
Asia-Pacific region
発行日: 2012年3月22日
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2012-03-22 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第4357号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科環境学研究系環境システム学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/52312
出現カテゴリ:025 修士論文
1223425 修士論文(環境学研究系環境システム学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-03342-a.pdf要旨(summary)680.41 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください