UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
35 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52328

タイトル: コンテンツ産業のコスト病に関する実証的研究 : 製作と流通分離のモデル構築(要旨)
著者: 石川, 洋聡
著者(別言語): イシカワ, ヒロアキ
キーワード: コンテンツ産業
コスト病
映画産業
定量的分析
理論モデル構築
Content Industry
Baumol's Cost Disease
Labor cost analysis
発行日: 2012年3月22日
抄録: Content industry is an important industry because of "Soft power" and "Economic ripple effect". However, there is a problem on financial side in production section of content industry. It becomes a risk that leads the content industry decline. This problem is partly because of Bamol's cost disease. However, there is no theoretical model apply to the relations between "content-making" activities and "distribution" activities in content industry. This research purpose is to figure out the cause of such problem by experimental study, and to construct the theoretical macro model of Cost disease for content industry. Results of this paper, there exists Cost disease in content industry, we construct a new model of Cost disease, and we bring out a mechanism of Cost disease in content industry.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2012-03-22 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第4387号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科環境学研究系人間環境学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/52328
出現カテゴリ:025 修士論文
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-03372-a.pdf要旨(summary)1.19 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください