UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
35 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52337

タイトル: 最適制御によるゴルフスイングメカニズムの解明(要旨)
著者: 宿利, 雄太
著者(別言語): シクリ, ユウタ
キーワード: ゴルフスイング
最適制御
フローティングフレーム法
Golf Swing
Optimal Control
Multibody dynamics
Floating frame method
発行日: 2012年3月22日
抄録: This paper shows how to control a body and the relationship with a golf club and a body motion by using the forward dynamical optimal control method. In this research, '2 dimensional model'and '3 dimensional model'are conducted. The '2 dimentional model'analysis aims at validating the motion of a left arm and a golf club qualitatively. The '3 dimentional model'analysis aims at validating the motion of trunk, arms and golf club. They are constructed from multibody dynamics idea, finite element method, floating frame method, considering the elastic deformation of club shafts. The validity of these model is verified by comparing the result of simulation and experiment. The results of The '2 dimentional model'and '3 dimensional model'analysis show that the rigidity and the weight of a shaft affect how to control a body and the head speed of a golf club.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2012-03-22 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第4424号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科環境学研究系人間環境学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/52337
出現カテゴリ:025 修士論文
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-03409-a.pdf要旨(summary)321.57 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください