UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/525

タイトル: 高校教師の意識に関する社会学的研究 : 格差構造の正当化をめぐって
その他のタイトル: A sociological study of high school teachers' consciousness on the legitimation of hierarchical structure
著者: 酒井, 朗
著者(別言語): Sakai, Akira
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 26巻, 1987.2, p.217-225
抄録: The aim of this paper is to investigate the factors which influence high school teachers' "consciousness" that supports ability grouping. This grouping causes hierarchical structure in school. First, I point out two kinds of knowledge component which construct their "consciousness". One is about subject, and the other is about pedagogy. Especially the hierarchical structure of the former knowledge urges them to think that they should give an appropriate level of knowledge to students, and to support ability grouping. Secondly, I pay attention to their role image. They tend to regard themselves as specialists of subject. Through this, knowledge component of the subject influence their "consciousness."
URI: http://hdl.handle.net/2261/525
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126222.pdf994.97 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください