UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52552

タイトル: 研究解説 : 独立回転車輪を用いた操舵台車の研究開発の動向
その他のタイトル: Study on Steering Trucks with Independently Rotating Wheels for Rail Vehicles
著者: 須田, 義大
著者(別言語): Suda, Yoshihiro
発行日: 1995年9月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 47(9), 1995.9, pp. 397-404
抄録: 鉄道車両には, 曲線に沿って自己操舵を行う最も基本的なメカニズムに輪軸がある. この代わりに独立回転車輪を用いる方式は, 従来高速安定性に対する切り札とみなされてきた. ところが最近になり, 操舵機能を持たせる工夫が考案され, 操舵台車にも利用されるようになってきた. 従来あまり馴染みのないこの方式について研究開発の動向を解説する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52552
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk047009001.pdf6.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください