UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52553

タイトル: 研究解説 : 地盤工学における遠心力載荷実験
その他のタイトル: Centrifuge Test in Geotechnical Engineering
著者: 古関, 潤一
龍岡, 文夫
著者(別言語): Koseki, Junichi
Tatsuoka, Fumio
発行日: 1995年9月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 47(9), 1995.9, pp. 405-412
抄録: 小さな模型地盤内で実物大に相当する応力状態を再現するために, 模型に遠心加速度を作用させることにより自重を増加させた状態で実験を行う遠心力載荷実験が, 地盤工学の分野で近年盛んに利用されるようになってきた. この実験手法の原理と装置の構造, 及びこれを用いた研究の動向について解説するとともに, 砂地盤上の浅い基礎の支持力特性における粒径効果と, 砂地盤の液状化問題における相似則の適用性に関する研究成果の一部を紹介する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52553
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk047009002.pdf6.14 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください