UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52620

タイトル: フレーム意味論から見た対照を表す英語の接続詞 : whereasを中心に
著者: 内田, 諭
キーワード: フレーム
フレーム結合価
フレーム制約
接続詞
対照
発行日: 2010年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 8, 2010.3.1, pp. 1-16
抄録: This paper examines the meanings of the English contrastive conjunction whereas in terms of frame semantics and claims that combinatory patterns of frames evoked in the main and subordinate clauses are a promising way of describing connectives. In addition to the frame combination, which is termed "frame valence," the grammatical natures of each clause will be also examined. I argue that contrastive conjunctions typically have the following properties: (1) the clauses have different subjects, (2) the clauses have the same tense, and (3) the same or similar frames are evoked in the clauses. To illustrate the third point, the concept "constrains on frames" will be introduced.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52620
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis00801.pdf270.92 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください