UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52627

タイトル: Contextualization cues and footing in Japanese-English bilingual storytelling activities
著者: Takemoto, Mai
キーワード: bilingualism
codeswitching
footing
contextualization cues
storytelling
発行日: 2010年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 8, 2010.3.1, pp. 119-135
抄録: 本研究は、ハワイで幼児期から日本語・英語の二言語に接する環境にいる男女6人のバイリンガル児(5;0-7;11)のうち、童話の語りにおける日本語と英語の言語の切り替えを調べた。その中で、子供たちによる言語の切り替えが、どのような参与者のいる枠組みで、どのような自己の位置づけに基づいて決められているのかをcontextualization cue (Gumperz, 1982), footing (Goffman, 1981)を用いて分析した。分析の結果、バイリンガル児の言語選択は、童話を語るタスクの中で、談話中の様々なコミュニケーション機能を表すために使われていたことがわかった。多くの場合、言語が切り替わる際、その言語使用は異なるコンテクストを表し、単に童話の情景描写を行っているわけではないことを示した。またオーディエンスとして子供たちが参加した際には、話者自身の位置づけが変化し、言語の切り替えにつながっていた。
URI: http://hdl.handle.net/2261/52627
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis00808.pdf199.22 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください